Sleepyhead

おいしい食べ物のお話や詩、日々の出来事など気ままに書き綴っています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

念願のラーメンを食す

精神的にも肉体的にも気合を入れるため、
かねてからの念願であった辛いラーメンを食べに行った。

蒙古ラーメン中本。

お店の張り紙では初心者に勧められていた
味噌タンメンを飛ばして
蒙古タンメンにチャレンジ。
店のあらゆる角に、ポケットティッシュがずらーっと並べられていて
なんだか壮観である。

割と早い時間に食べに行ったのに、
すでにお店には列が出来ていて
なんかラーメンなのに、
めちゃめちゃ緊張して待った。
席に辿り着いてからはすぐ、5分以内で念願のラーメンが!!



味噌ベースの野菜たっぷりのタンメンに
特製の麻婆豆腐がのっている。
さっそくスープをすすってみると
おお、辛い辛い。
でもちゃんと味がする美味しさ。
麺を食べてみると
ふと麺で、麺も具もスープもとにかくとにかく熱い!
それだけでもかなり嬉しい。
みんな汗だくで食べていた。
そして、みんなポケットティッシュをおもむろに取り出し、
汗を拭いたり鼻をかんだり。

そんな中以上に代謝の悪い私はひとり涼しい顔で食べていた。

でも、大満足!
美味しかったし、なんかその経験自体が楽しかった。

確かにこれは病みつきになる味かも。

お陰で気合入りました。
ありがとう。
photo by imaishoko0723
<< Pas Mal | main | バチガイ >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク









http://imaishoko0723.jugem.jp/trackback/16

このページの先頭へ